FC2ブログ

猫ひろし カンボジア 反応拡大で国際陸連が動く!買収発覚で追放? - 芸能・スポーツ 最新裏ネタ情報局 ニュース噂の真相

猫ひろし カンボジア 反応拡大で国際陸連が動く!買収発覚で追放?

猫ひろし カンボジア 反応拡大で、
ついに国際陸連が動き出す!


猫ひろしのカンボジア代表の反応拡大が
国際問題に発展し、国際陸連が動き出す。



さらに、
買収疑惑が明らかになり、
出場資格はく奪で、
スポーツ界追放も?


猫ひろし カンボジア 反応拡大で今後の展開は?⇒geinou reading
猫ひろし カンボジア 反応拡大で今後の展開は?⇒gainou reeding
猫ひろし カンボジア 反応拡大で今後の展開は?⇒goinou raeding


国際陸上競技連盟が、
カンボジア国籍を取得して、
同国のロンドン五輪男子マラソン代表に選出された、
猫ひろし(34=本名・滝崎邦明)の
参加資格を疑問視している。


この問題について
カンボジア陸連などに
説明を求めていることが明らかになった。


国際陸連は今年から
国籍変更に関する新規定を設けており、
猫ひろしのケースは
これに抵触する可能性が大きい。


最悪の場合はロンドン五輪出場が
認められない可能性も出てきた。


さらに、この問題は、
出場手続きだけの問題ではなく、
以前から、
買収疑惑が囁かれていた。


一部週刊誌などでは、
五輪代表権取得に関して

“買収疑惑”

が以前からあったことを報じている。


ある週刊誌はカンボジア代表として北京五輪に出場し、
2時間25分19秒68の同国記録を保持、

さらには猫ひろしとの直接対決で
いずれも勝利しているカンボジアのマラソン界のエース、
ヘム・ブンティン選手のインタビューを掲載。


ブンティン氏は

「お金がある猫ひろしが認められた。
猫ひろしのやっていることは
日本人の品位を貶める」

「お金を払って国籍を買い、
オリンピック出場権も買った」

などと怒り心頭で
猫ひろしを糾弾。


猫の国籍取得を裏で、
支援したのは、

“ホリエモンの右腕”

を自称するW氏の妻が社長を務めるK社。


同社からカンボジア五輪委員会に
2万3,000ドル(約186万円)の金が流れ、
W氏がブンティン選手に対し

“買収金”

ともいえるスポンサー契約を持ちかけるなど、
さまざまな

“裏工作”

が行われていたというのだ。


猫ひろし カンボジア 反応拡大の裏情報はこちら


さらに、
猫ひろしの五輪参加プロジェクトの
言い出しっぺは堀江貴文受刑者だったという。


カンボジアは国籍取得など
政府に手続きを申請する際には

“袖の下”

つまり賄賂が欠かせない

“汚職国家”


猫ひろしの五輪出場権取得には
寄付という名目で5万ドル(約400万円)が動き、
ブンティン選手は各方面から
それ以上の金銭を要求されたこと事実を、
ブンティン選手の関係者などが明かしている。


つまりブンティン選手は、
日本の猫ひろしからも、
カンボジア五輪委員会からも
屈辱を受けた事になる。


猫ひろしのカンボジアの反応が拡大すると、
この問題を裏で取り仕切り、
暗躍していた人物やスポンサーなどが、
あぶる出されるのだろうか。


さらに猫ひろしの関連情報はこちら










スポンサーサイト



記事がお役に立てば、ブログの応援をお願いします!
トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能・スポーツ 最新裏ネタ情報局 ニュース噂の真相 All Rights Reserved.
韓国ドラマ