FC2ブログ

猫ひろし マラソン タイムでは絶望的!後は創価マネーで出場? - 芸能・スポーツ 最新裏ネタ情報局 ニュース噂の真相

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫ひろし マラソン タイムでは絶望的!後は創価マネーで出場?

猫ひろし マラソン タイムでの、
オリンピック出場は絶望的!


猫ひろしのマラソン タイムを、
カンボジアのヘム・ブンティン選手が、
7分近くも上回る!



オリンピックに出場する為には、
後は、創価学会マネーだけ?


猫ひろし マラソン タイムと創価マネーの裏情報⇒geinou reading
猫ひろし マラソン タイムと創価マネーの裏情報⇒gainou reeding
猫ひろし マラソン タイムと創価マネーの裏情報⇒goinou raeding


昨年にカンボジア国籍を取得し、
同国のロンドン五輪男子マラソン代表に
選ばれていたタレントの猫ひろし。


しかし、
一部週刊誌に猫の五輪代表に関する

“買収疑惑”

を告発したカンボジアマラソン界の第一人者、
ヘム・ブンティン選手が15日に開催された
「パリ・マラソン」に出場。


猫ひろしのマラソン タイム2時間30分26秒を
7分近くも上回る2時間23分29秒でゴールし、

「ロンドンに行けるか分からないが、
今も行きたい。猫は私より遅い。フェアじゃない」

とオリンピック出場を主張した。


週刊誌の報道を受けるように、
国際陸連が過去に国際競技会で
代表経験がない選手について今年から新たな規定を設け、

猫のように国籍取得後1年が経過していない場合は、

「連続した1年の居住実績」

もしくは

「国際陸連理事会による特例承認」

のいずれかが必要。


猫のケースに関しては
重大かつ意義深い理由があるかを疑問視し、
カンボジア陸連などに
説明を求めていることが
各スポーツ紙などで伝えられた。


猫ひろしの所属事務所は、

“買収疑惑”

を否定したものの、
どうやらすでに同国に流れたとされる
ジャパンマネーの威力は絶大で、

ブンティン選手にも、
ジャパンマネーによる、
圧力がかかっていたようだ。


猫ひろし マラソン タイムと創価マネーの裏情報はこちら


「ブンティン選手は
早くから現地入りしてトレーニングを積み、
万全の状態でレースに出場。


北京五輪をカンボジア初の
フルマラソン代表として走っているプライドもあり、

腹に据えかねて買収疑惑を
週刊誌に洗いざらいぶちまけたようだが、

今度は、自身の走りで、
記録では猫ひろしには五輪代表の

“資格”

がないことを実力を持って証明した」(スポーツライター)


これで、
猫ひろしがマラソン タイムで、
オリンピックに出場することは、
ほぼ、絶望的になり、

後は、創価学会マネーや、
各スポンサーなどの、
ジャパンマネーに頼るしかないようだ。


さらに猫ひろしの関連情報はこちら
スポンサーサイト

記事がお役に立てば、ブログの応援をお願いします!
トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能・スポーツ 最新裏ネタ情報局 ニュース噂の真相 All Rights Reserved.
韓国ドラマ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。