FC2ブログ

安岡力也 ギランバレー症候群さらに様々な病気で一時危篤状態! - 芸能・スポーツ 最新裏ネタ情報局 ニュース噂の真相

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安岡力也 ギランバレー症候群さらに様々な病気で一時危篤状態!

安岡力也 ギランバレー症候群と、
様々な病気を併発し、
現在は一時危篤状態!


安岡力也がギランバレー症候群、
手足が動かなくなる難病を患う。



さらに現在の安岡力也はギランバレー症候群以外の
病気も抱え、
大変危険な状態になっている。


東京都内の病院に入院している
個性派俳優の安岡力也さん(64)が、
一時危篤状態に陥ったことが明らかになった。


血圧が最高で50台に低下するなど
容体が急変して危険な状態になってしまったようだ。


安岡力也 ギランバレー症候群の裏情報⇒geinou reading
安岡力也 ギランバレー症候群の裏情報⇒gainou reeding
安岡力也 ギランバレー症候群の裏情報⇒goinou raeding


2006年に両手両足が動かなくなる現在の難病、
「ギラン・バレー症候群」を発症して以降、
壮絶な闘病生活を送っており、

家族らは懸命に安岡力也さんを支える為の
看病を続けていたそうだ。


安岡力也さんの現在の状況を聞き付け、
駆けつけた関係者によると、
安岡力也さんは会話はできないが、
手を握り返すなど意識がある状態。


一時期の危篤状態は脱出したが、
一進一退を繰り返している状態で

「痩せ細った状態で、必死で闘っている様子」

と安岡力也さんは現在も、
壮絶な闘病生活を続けれいるという。


安岡力也 ギランバレー症候群の裏情報はこちら


安岡力也さんは現在までに、
約10年以上にわたる壮絶な闘病生活を送ってきた。


02年頃に肝臓の病気を患い、
その後は、C型肝硬変に。


さらに、
05年2月に肝臓の中が炎症を起こし水がたまるという病気
「多発性肝膿胞(のうほう)症」を発症し、


06年6月には両手両足が動かなくなる
「ギラン・バレー症候群」になってしまう。


10年5月に一時テレビ復帰を果たし、
テレ朝系「徹子の部屋」で自身の復活をアピールしていた。


安岡力也 ギランバレー症候群の状態は定かではないが、
一刻も早い回復を祈るばかりだ。


さらに安岡力也の関連情報はこちら
スポンサーサイト

記事がお役に立てば、ブログの応援をお願いします!
トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能・スポーツ 最新裏ネタ情報局 ニュース噂の真相 All Rights Reserved.
韓国ドラマ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。